まつもと・はじむ 1970年生まれ。神戸新聞社で震災や行政報道を担当。2006年退社。『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』で19年に本田靖春ノンフィクション賞受賞。

 事件事故や災害の犠牲者について、どこまで報じるべきか。取材という行為で、遺族の心情や地域の生活を踏み荒らしてよいのか。京都アニメーション放火殺人事件の報道に当たる京都新聞記者たちの葛藤を綴(つづ)った連載を読みながら、同じく地方紙の記者だった自分自身の経験がいや応なくよみがえってきた。

 1997年の初夏、神戸市須磨区のニュータウンを連日歩き回った。「酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)」の名で記憶される連続児童殺傷事件で現場取材班に投入され、右往左往していたのだった。

 14歳の少年が逮捕された夜のことは、とりわけ苦い記憶だ。一報を受けて後輩記者と被害者宅に向かうと、他社の記者はまだ誰もいなかった。インターホン越しに「知人」と名乗る声で「何もわからない」とだけ返答があった。遺族に付き添う警察官だったかもしれない。間もなく報道陣が続々と集まり、マンションの通路は異常なメディアスクラム(集団的過熱取材)状態となった。「とてもコメントする心境ではありません」と遺族名の紙が張り出されても、引き上げる者は少ない。「今日はもうやめましょう」と何度かデスクに訴えたものの、結局なすすべなく、深夜まで立ち尽くした。

 その後、退社した私は、反対側からメディアスクラムを体験することになった。2005年のJR福知山線脱線事故で、ある遺族に同行して慰霊の現場へ向かった時、100人を超す報道陣に取り囲まれたのだ。その模様は拙著『軌道』に記したが、意思も表情もないサメの群れに囲まれたような不気味な恐怖と圧迫感だった。自分の仕事が帯びる暴力性を突きつけられた気がした。

 事件事故や災害が起こるたび、「被害者や遺族を取材するな」「実名報道の必要はない」というマスコミ批判が、インターネット上にあふれる時代になった。先述した自分の経験から理解できる面もある。だが、原則的には同意できない。

 本紙にもあった通り、事件の記録は「公共財」であり、広く共有されるべきものだ。拙著に記したJR事故遺族の言葉で言えば、事件や事故を「社会化」すること、すなわち、より具体的な事実や証言を集め、原因究明や対策立案に生かし、後世に伝えるのが、報道の使命だからだ。

 ただ、そのような報道側の論理を唱えていれば済む問題とも思わない。「被害者・遺族」対「マスコミ」という対立関係ではなく、名前のある生身の個人として向き合うこと。そのためにじっくり時間をかけること。自律的な取材・報道とは何か、模索し続ける中にしか答えはない。現場を抱える地方紙にこそ期待したい。(ノンフィクションライター)