京都地方裁判所

京都地方裁判所

 強盗事件の容疑者に逮捕日を漏らす見返りに現金200万円を受け取ったとして、加重収賄罪などに問われた元東山署巡査長池田大助被告(40)=京都市右京区、懲戒免職=と、贈賄罪などに問われた大津市の会社役員(49)の初公判が6日、京都地裁(入子光臣裁判長)で開かれた。2人はいずれも起訴内容を認めた。

 起訴状によると、池田被告は今年3月、会社役員から同被告が関与した監禁、強盗事件の逮捕予定日を教えるよう依頼され、同月末~4月末、京都市内を走行中の乗用車内で同被告から2回にわたって計200万円を受け取り、7月10日、同被告に電話で逮捕予定日を漏らしたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、池田被告は昨年11月、会社役員が起こした傷害事件の取り調べで知り合い、保釈後は2人で食事するなどして関係を深めたと説明した。