滋賀県警本部

滋賀県警本部

 大津市の琵琶湖大橋を昨年9月に自転車で走行中、歩行者に衝突して死亡させた滋賀県警高島署の男性巡査長(28)について、県警が戒告の懲戒処分にしていたことが19日、県警監察官室への取材で分かった。

 男性巡査長は、重過失致死罪で略式起訴され、罰金70万円の略式命令を受けていた。起訴状では、男性巡査は昨年9月23日午後7時53分ごろ、同市今堅田3丁目の歩道で、遠くのバスに気を取られながら時速約23キロで漫然と自転車を運転し、歩いてきた同市の会社員男性=当時(53)=に衝突して死亡させた、としている。