和紙やステンドグラスのランプシェードを並べた「あかり展」(滋賀県彦根市銀座町)

和紙やステンドグラスのランプシェードを並べた「あかり展」(滋賀県彦根市銀座町)

 ステンドグラスや和紙など、さまざまな素材を使ったランプシェードを紹介する「あかり展」がこのほど、滋賀県彦根市銀座町のギャラリーコジマで始まった。光を演出する温かみのある作品に多くの人が見入っている。
 彦根、東近江、近江八幡各市在住の作家5人が合わせて約50点を出展した。
 手でちぎった和紙を球形に貼り合わせ、補強の鉄線を装飾的に用いたり、陶器で建築物をかたどったりしたランプシェードなどが並ぶ。多色のステンドグラスによるクリスマスツリーやリースを出品した女性(70)=彦根市地蔵町=は「鮮やかな色ガラスでクリスマス気分を楽しんでほしい」と話した。
 25日まで。入場無料。水・木曜休廊。