乙訓地域の竹材で作ったオブジェを彩るイルミネーション(京都府長岡京市)

乙訓地域の竹材で作ったオブジェを彩るイルミネーション(京都府長岡京市)

 京都府乙訓地域の竹材で作ったオブジェを彩るイルミネーションの点灯式がこのほど、京都府長岡京市神足2丁目のバンビオ広場公園であった。夕闇の中、電飾の光でオブジェの曲線が浮かび、家族連れや買い物客を楽しませている。


 市民らでつくる「にぎわい創出事業実行委員会」の主催。竹のオブジェは高さ4メートル。竹垣専門店「長岡銘竹」(大山崎町)の職人らをはじめ、地域住民の協力で制作した。今冬は「竹花灯(たけはなび)」がテーマで、しなやかに広がる花火を表現している。このほか、竹材で滝や光のトンネルを作り、LED電球11万個で公園一帯を照らす。
 イルミネーションは午後6時、住民らのカウントダウンに合わせ一斉に点灯。華やかな光に囲まれる中、住民グループがゴスペルやラップなどのクリスマスソングを響かせた。
 来年1月13日まで。点灯時間は午後5~11時。