世界新記録で優勝した日本チーム。左端がアンカーを務めた朝原さん(マレーシア・クチン)

世界新記録で優勝した日本チーム。左端がアンカーを務めた朝原さん(マレーシア・クチン)

 北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの朝原宣治さん(47)=大阪ガス、同大出=を擁するマスターズの日本チームがこのほど、マレーシアの国際大会の男子400メートルリレー(45~49歳クラス)で43秒27の世界新記録を樹立した。


 4人が息の合ったバトンパスを見せ、最後は朝原さんがアンカーで快走。英国が持っていた43秒42の世界記録(1999年)を20年ぶりに上回った。
 4人での練習は一度だけだったが、日頃の自主練習の成果を発揮した。朝原さんは「昨年からチャレンジを始め、意外と早く達成できた。次に狙うのは42秒台」と喜びのコメント。2年後に関西中心に開催されるワールドマスターズゲームズ(WMG)2021関西のアンバサダーも務めており、「(WMGも)このメンバーで挑戦したい」と、さらなる意欲を示した。