参院選の結果を受けて取材に応じる立民の福山幹事長(21日午後9時5分ごろ・東京都内)

参院選の結果を受けて取材に応じる立民の福山幹事長(21日午後9時5分ごろ・東京都内)

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は21日、東京都内で京都新聞社の取材に応じ、京都選挙区で新人の増原裕子さんが惜敗したことを受け、「素晴らしい候補者で支援の輪が広がっていた。国民民主党、連合京都の支援をいただいたにもかかわらず、このような結果になり、申し訳ない」と述べた。

 立民は大阪、兵庫でも新人が敗れるなど関西で伸びを欠いた。全国的な躍進傾向と対照的な結果について「資質の高い魅力的な候補だったから接戦に持ち込めた。勝ちきれなかったのは党の力不足だ」とした。

 改選1人区での候補者一本化については「国民に分かりやすい選択肢を示したことで、一定の成果は得られた」と評価した。同様に候補者調整が焦点となる次期衆院選に向け、「政権選択選挙にどう立ち向かうのか。各野党と真摯(しんし)に話し合い、野党第1党としてリーダーシップを発揮したい」と話した。