京都府警山科署

京都府警山科署

 21日午後7時半ごろ、京都市山科区の京都府警山科署のトイレで、同日午後に窃盗容疑で任意で取り調べを受けていた右京区の無職男性(46)が持っていたナイフで首を刺し、血を流しているのを署員が見つけた。男性は病院に運ばれたが意識不明の重体。ナイフは刃渡り6センチで、取り調べ前の身体検査では見つからなかった。

 同署によると、同日午前、管内にある伏見区の電気店から「以前万引をした人物に似た男がいる」と110番があり、通報で駆けつけた署員が任意同行を求めた。

 男性は山科署で、別の万引容疑で取り調べ中、「トイレに行きたい」と伝え、署員が付き添い2階のトイレに連れて行った。署員は個室ドア前で待っていたが、「カシャカシャ」と音がするのでドアを開けると、男性が便座に座った状態で首から血を流し、床にナイフが落ちていたという。田村博之副署長は「適切な対応だった」と話している。