京都アニメーションでの火災を巡る自身の発言について謝罪する門川京都市長(中京区・市役所)

京都アニメーションでの火災を巡る自身の発言について謝罪する門川京都市長(中京区・市役所)

 京都市の門川大作市長は22日の市議会本会議で、「京都アニメーション」第1スタジオ(伏見区)での放火殺人事件を参院選候補者の支持拡大の材料に使うかのように述べた自身の発言について、「被害に遭われた方、ご家族、多くの方に悲しい思いをさせてしまった。厳しい批判を真摯(しんし)に受け止め、心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

 門川市長は冒頭で市議らと黙とうした後、「尊い命を失った方々、ご遺族の皆さまに哀悼の意を表し、負傷された方々の1日も早い回復をお祈りしたい。安心安全のまちづくりに向け、決意を新たに取り組んでいく」と述べた。