チョコレート店などが入り、リニューアル開業した施設(長浜市北船町・えきまちテラス長浜)

チョコレート店などが入り、リニューアル開業した施設(長浜市北船町・えきまちテラス長浜)

 滋賀県長浜市の第三セクターえきまち長浜が運営する商業施設「えきまちテラス長浜」(同市北船町)で、業績不振のため今春から閉店していた旧マルシェ跡がこのほどリニューアルオープンした。お目当ての品を求める多くの市民らでにぎわった。


 注目は県内初出店の「久遠チョコレート長浜店」。久遠チョコレートは愛知県豊橋市の社団法人が障害者や引きこもりの若者らの就労の場の確保を目的に全国38カ所に展開している。ドライフルーツをチョコの中に詰め込んだ「テリーヌ」が看板商品で、同店は福祉や農業分野で障害者らの活用を推進するNPO法人「つどい」(長浜市常喜町)が運営する。
 同店以外には、鯖そうめんや伊吹そば、サラダパンなど湖北の名品を販売する「day day Nagahama」と、訪れた人が気軽にくつろげるイベント&カフェ「ENGAWA」が開店した。