龍谷大平安―塔南 5回裏塔南2死一、二塁 敵失の間に清水が生還し同点に追いつく(わかさスタジアム京都)

龍谷大平安―塔南 5回裏塔南2死一、二塁 敵失の間に清水が生還し同点に追いつく(わかさスタジアム京都)

 第101回全国高校野球選手権の京都大会、滋賀大会は23日、それぞれ準々決勝を行った。わかさスタジアム京都で開催されている京都大会は連覇を狙う龍谷大平安が6―4で塔南を下し、4強一番乗りを果たした。滋賀大会では近江と滋賀学園が準決勝進出を決めた。

 京都大会の第2試合は福知山成美と立命館宇治が顔を合わせた。皇子山、彦根の両球場で実施されている滋賀大会は第1試合で近江が近江兄弟社にコールド勝ちし、滋賀学園は野洲を倒した。

 京都、滋賀大会とも24日は休養日。25日に準決勝、26日に決勝を行う予定。