「あんたが今おるそこに、開高さんが座らはったんや」。美山町のかやぶき民宿。赤々と薪が燃えるいろり端で主人が誇らしげに語った▼芥川賞作家開高…