祇園祭後祭・山鉾巡行と還幸祭の巡行コース図

祇園祭後祭・山鉾巡行と還幸祭の巡行コース図

 祇園祭・後祭(あとまつり)の山鉾巡行と還幸祭が24日、京都市内で行われる。巡行では計11基の山鉾が都大路を進む。

 先頭の橋弁慶山が午前9時半に中京区御池通烏丸を出発。御池通寺町で「くじ改め」を行い、河原町通を南進。四条通に入り、3基の神輿(みこし)が安置されている四条御旅所で拝礼。午前11時20分ごろに四条通烏丸に到着する。

 2年ぶりに開催予定の花傘巡行には花街の芸舞妓や子どもたちの神輿行列など約850人が参加する。午前10時に東山区の八坂神社を出発し、四条、寺町、御池、河原町通を経由して再び四条通を歩いて正午ごろ神社に戻る。

 還幸祭では午後4時半ごろ~5時すぎに3基の神輿が下京区四条通寺町東入ルの四条御旅所を出発。それぞれの氏子地域を練りながら午後8時ごろ、かつての神泉苑の南端である三条通沿いにある又旅社(中京区三条通黒門西入ル)でいったん勢ぞろいして神事に臨む。八坂神社に戻った後は、神輿に乗った神霊を本殿に戻す神事が行われる。