女子200メートル背泳ぎ決勝で優勝した京都外大西の渡会円香(神戸市・ポートアイランドスポーツセンター)

女子200メートル背泳ぎ決勝で優勝した京都外大西の渡会円香(神戸市・ポートアイランドスポーツセンター)

 競泳の近畿高校選手権第2日は23日、神戸市のポートアイランドスポーツセンターなどで競泳男女計10種目と水球を行った。女子200メートル背泳ぎは渡会円香(京都外大西)が2分15秒74で優勝した。男子400メートル個人メドレーは長牛太佑(京都外大西)が4分23秒42で制した。水球の男子決勝は鳥羽が14―3で長浜北星を破り、4連覇。女子決勝は鴨沂が10―4で帝塚山(大阪)に勝利し、3年ぶりの優勝を果たした。

 22日の第1日は競泳男女12種目を行い、男子200メートル平泳ぎで豊山就介(京産大付)が2分16秒14で優勝。女子100メートル背泳ぎは渡会が1分3秒27で制した。女子400メートルリレーは京都外大西が3分52秒39で優勝した。