電気自動車から交差点脇のボックスに電線をつないで信号を作動させる警察官たち(福知山市内記・福知山市役所前)

電気自動車から交差点脇のボックスに電線をつないで信号を作動させる警察官たち(福知山市内記・福知山市役所前)

 台風による道路交通への影響を想定した災害訓練が23日、京都府の福知山市と綾部市で行われた。府警や西日本高速道路、府土木事務所などが参加し、電気自動車の電源を使って信号機を復旧したり、ドライバーへの情報提供の手順を確認したりした。

 土砂崩れで舞鶴若狭自動車道が通行止めになり、一般道でも停電で信号が停止した、との想定で実施。福知山インターチェンジや綾部市の鳥ケ坪交差点など計4カ所で、迂回(うかい)を知らせる案内板の設置や、信号機の復旧に取り組んだ。

 福知山市役所前の交差点では、実際に信号機の電源を10分間落として停止させ、電気自動車のバッテリーを使って復旧させる訓練を実施。電気が消えている間、警察官が手信号で車両を誘導し、復旧後は赤や青などが正常に作動するか入念に確認していた。