協定書に署名する大城学長(左)と多々見市長=舞鶴市北吸・市役所

協定書に署名する大城学長(左)と多々見市長=舞鶴市北吸・市役所

 京都府舞鶴市と京都産業大はこのほど、包括的連携協力協定を締結した。退職自衛官などを対象にした教育機会の提供や、地域振興に向けた学生たちの調査研究などに共に取り組む。

 協定は、双方の知的資源などを活用し、地域社会の発展や人材育成を図るのが目的。同大学は来年度以降、向学心のある市民や退職自衛官を対象に、ITや語学などの講義を市内で実施する。同大学の学生に、市内でのフィールドワークや農漁村部での宿泊体験を通じて、地域振興策の検討や都市と交流する仕組みの調査研究にも取り組んでもらう。

 協定書に調印した多々見良三市長は「便利な田舎暮らしの実現に向け、多様な連携を生かした施策を推進したい」、大城光正学長は「市と大学、地域と教員、学生を結び、今までにない新たなモノや価値が生み出されると期待している」と述べた。