党幹部が政権交代への決意を語った立民府連大会(8日、京都市下京区のホテル)

党幹部が政権交代への決意を語った立民府連大会(8日、京都市下京区のホテル)

 立憲民主党京都府連は8日、京都市下京区で府連大会を開催し、衆院解散・総選挙に備え、党幹事長の福山哲郎参院議員が党務に専念するとして、同日付で府連会長を辞する人事を決めた。当面、会長は置かない。
 福山氏は「いつ解散があるか分からない状況だからこそ、野党がなんとか固まる体制を作るため努力したい」と強調。出席した枝野幸男代表も「立憲の理念や政策、政治姿勢を貫きながら、最大限の力を合わせることを通じ、次の総選挙で政権を変える決意だ」と訴えた。
 国民民主党を離党し無所属となっている山井和則衆院議員(比例近畿)を府連オブザーバーとすることも決めた。党員やパートナーズ約200人のほか、国民の前原誠司府連会長らも出席した。