【資料写真】向日市役所

【資料写真】向日市役所

 京都府向日市選挙管理委員会は22日、参院選比例代表の投票用紙を誤って二重交付したと発表した。投票に訪れた人の数よりも1票多く投票されていたという。

 市選管によると、同市物集女町の第1投票区の第2向陽小で、21日午後6時~7時半の間に、誤って渡した。点検作業をしていた職員が、投票した人の数と用紙の交付数が異なっていることに気づき、発覚したという。