浴衣姿になった巨大タヌキ像(甲賀市信楽町・信楽高原鉄道信楽駅前)

浴衣姿になった巨大タヌキ像(甲賀市信楽町・信楽高原鉄道信楽駅前)

 信楽高原鉄道信楽駅前(滋賀県甲賀市信楽町)のシンボル、巨大タヌキ像が24日、夏の衣替えで浴衣姿に変身した。梅雨が明け、夏空が広がる中、訪れた人の目を楽しませている。

 町観光協会がにぎわい演出のため季節ごとの衣替えを実施。今年は雨で約1週間延期されていた。高さ5・3メートル、胴回り6・6メートルの像に、水色に紫のアサガオの花をデザインした浴衣を着せた。8月中旬まで続ける。

 夫と旅行で訪れ、作業を見守っていた女性(66)=京都市山科区=は「かわいい。爽やかな雰囲気で涼しげに見えます」とほほえんだ。