佛教大(京都市北区)

佛教大(京都市北区)

 佛教大は25日、学生に不適切な発言などをしたとして、70代の男性非常勤講師を戒告の懲戒処分としたと発表した。処分は24日付。

 佛教大によると、非常勤講師は同大学の専任教員だった2017年12月の授業中、20代の男子学部生に対し、約30人の学生がいる前で不適切な発言をした。また18年9月、大学院に進んだこの学生から科目履修について問い合わせメールを受けた際、苦痛を感じさせる内容を返信したという。

 発言やメールの内容について佛教大は「個人の特定につながる恐れがあり、公表しない」としている。