【資料写真】岩倉自動車教習所(京都市左京区)

【資料写真】岩倉自動車教習所(京都市左京区)

 少子化や車離れによる自動車運転免許取得者の減少を受け、岩倉自動車教習所(京都市左京区)が京都観光を組み合わせた合宿免許を始めた。京都市内のゲストハウスや旅館に宿泊しながら教習所に通い、空き時間はオプションで寺社の特別拝観などを体験できる。

 警察庁の統計では、全国の普通自動車免許新規交付件数は1999年の157万件から2018年は105万件まで減少している。同教習所によると京都も例外ではなく、今後を見据え全国から教習生を募る合宿型に乗り出す。

 京都という場所を生かし、一般的な合宿免許と宿泊先や観光で差別化を図る。企画は旅行会社のトラベル京都(山科区)と協力する。教習生は京都市内の宿泊先から、同教習所の送迎で通う。

 一日の教習時間数には上限があるため空き時間が生じることがあり、希望者は別料金でトラベル京都が企画する刀鍛冶体験、寺社の特別拝観などに参加できる。最短で免許を取得できる13日(12泊)の宿泊料金と教習料金を合わせて50万円。1万5千円の食費補助あり。

 同教習所は「都市部での合宿免許は少ないが、滞在すること自体を楽しめる京都というブランドを生かしたい」としている。