大津簡裁

大津簡裁

 健康診断でがんを見落とされて死亡したとして、滋賀県の男性=当時(48)=の遺族が、野洲市の一般財団法人滋賀保健研究センターに損害賠償を求める民事調停を大津簡裁に申し立て、同センターが計2300万円を支払うことなどで和解が成立したことが10日、分かった。9日付。

 遺族の代理人弁護士によると、男性は2014、16年、センターの健康診断で胸部エックス線検査を受け「異常なし」と判断された。しかし17年9月ごろ、ステージ4の肺がんが見つかり、同年12月に死亡した、という。

 遺族側は、センターが検査で肺の陰影を見落としたとし、昨年12月、約7500万円の支払いを求めて調停を申し立てた。センターは「検査結果からは分かりようがない」などと主張していた。

 和解について、代理人弁護士は「再発防止の意向が一定、得られたので応じた」とし、センター側は「過失については争いはあるが、早期解決を優先した」とコメントした。