大津市役所

大津市役所

 大津市内の中学校で女子の生徒会長が圧倒的に少ないのは「目立ちたくない」「失敗をしたくない」から―。そんな傾向が、生徒らを対象にした市のアンケート調査で浮かび上がった。ただ「生徒会長をやってみたい」と答えた女子生徒も多く、市は「リーダーシップを発揮したい、という思いを後押しする教育が必要」としている。

 昨年度の市教育委員会の調査によると、生徒会長を女子が務めたのは全18中学校のうち2校だった一方、小学校では全37校のうち児童会長(運営委員長)を女子が務めたのは18校で、男子の14校を上回っていた(残り5校は会長不在)。
 このため市は、年齢が上がるにつれてジェンダーギャップ(男女格差)がどう変化するかなどを探ろうと今年7月、小学4、6年と中学2年、教員の男女計約3千人にアンケートを行った。
 生徒(児童)会長になりたくない理由を複数回答で尋ねたところ、女子では「目立ちたくない」がどの学年でも最も多く、小4で69・9%、小6で59・3%、中2で46・8%を占めた。中2では「興味がない」(46・3%)、「部活などやりたいことがある」(43・5%)との回答も目立った。
 男子では「興味がない」が最多で、どの学年でも6割前後を占め、「目立ちたくない」は女子に比べ10~20ポイントほど低かった。
 「何かをする時、失敗が怖くて迷う」と答える傾向は、女子が男子に比べ約3~7倍高かった。
 一方、「チャンスがあれば生徒会長をやりたい」と答えたのは女子の方が多く、小4で28・7%(男子19・3%)、小6で34・3%(同25・3%)だったが、中2では10%(同8・3%)と男女とも大きく低下した。
 「生徒会長・副会長に男女どちらが就くべきか」との問いでは、小4と小6では男女にあまり差はなかったが、中2では「会長は男子」(男女合わせて19・1%)が「女子」(同1・9%)を大きく上回った。また「副会長は女子」と答えた中2は12・9%で、「男子」の4・3%を上回った。年齢が上がるにつれて会長は男子が就くものと考える傾向が表れた。
 市人権・男女共同参画課は「子どもの時から気づかないうちに性別役割分担意識が醸成され、社会での管理職登用率の男女差などに影響している可能性がある」と分析。来年度以降、女子児童・生徒が自信を高められるようなセミナーやワークショップの開催を検討するという。