京都刑務所

京都刑務所

 受刑者に熱湯を掛けてやけどを負わせたなどとして、京都刑務所は26日、看守の男(32)を懲戒免職処分とし、特別公務員暴行陵虐致傷などの容疑で京都地検に書類送検した。

 送検容疑は、今年3月、担当する50代の男性受刑者の上半身に食器用洗剤の容器に入れた熱湯を掛けて、全治15日間のやけどを負わせたほか、60代の男性受刑者に同容器に入れた水を掛けた上、土下座させたり踊るよう命じた疑い。

 同刑務所の調べに対し、看守は「受刑者に甘く見られたくなかった。言うこと聞かせたかった」と説明したという。暴行などを目撃した別の職員が後日、上司に報告して発覚したという。

 大竹宏明所長は「矯正行政への信頼を著しく損ねるもので、職員の指導を徹底し、信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。