滋賀県警近江八幡署

滋賀県警近江八幡署

 27日午後7時35分ごろ、滋賀県近江八幡市中小森町のJR琵琶湖線篠原―近江八幡間の踏切で、男性が敦賀行き新快速電車にはねられ、死亡した。滋賀県警近江八幡署が身元を調べている。乗客約800人にけがはなかった。

 同署によると、運転士が踏切内に入った人に気付き非常ブレーキをかけたが間に合わなかったという。JR西日本によると、この事故で野洲―米原間の上下線で約1時間半運転を見合わせた。琵琶湖線を中心に、上下線で計17本が運休、15本に遅れが発生し、約8700人に影響が出た。