サンガ-岐阜 前半21分、先制点を決めたサンガの金久保(左)とアシストした小屋松=西京極

サンガ-岐阜 前半21分、先制点を決めたサンガの金久保(左)とアシストした小屋松=西京極

 サッカーJ2の第24節は27日、西京極陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは2―1で最下位の岐阜に競り勝ち、2013年以来となる4連勝を飾った。勝ち点を46に伸ばし、首位を守った。

 サンガは前半21分、小屋松の左折り返しを金久保が合わせて先制したが、37分に岐阜のカウンターを受けて同点に追いつかれた。後半20分、金久保がゴール前で倒されて獲得したPKを、庄司が決めて勝ち越した。

 栃木に2―1で逆転勝ちした柏は、同46で得失点差の2位。水戸は新加入の小川のゴールで福岡と1―1で引き分け、3―1で徳島に勝った山形とともに勝ち点は43。大宮は山口に競り勝って同42で続く。