滋賀県警大津北署

滋賀県警大津北署

 28日午前11時5分ごろ、大津市葛川坂下町の国道367号のトンネル内で、京都市右京区の会社員男性(65)の乗用車が自転車4台に突っ込み、さらに京都市上京区の劇団代表の男性(60)の乗用車に衝突した。自転車の30~40代の男女4人が背骨や手足の骨を折るなど重軽傷を負った。劇団代表の男性と同乗の妻(60)、娘(27)、孫の女児(0)は軽傷。

 滋賀県警大津北署によると、会社員男性の乗用車が対向車線にはみ出し、同車線の左端を縦一列で走っていた自転車9台の後ろ4台に突っ込んだ。その後に自転車列の後続の乗用車と衝突した、という。

 同署の説明では、自転車はいずれも「ロードバイク」で、9人は友人同士でサイクリングをしていたという。

 現場は片側1車線でゆるやかなカーブ。同署はトンネルの出入り口を約3時間半、通行止めにした。