大津市役所

大津市役所

 同僚の女性職員にストーカー行為などをしたとして、大津市は11日、福祉子ども部の男性主任(31)を停職3カ月の懲戒処分とした。市の懲戒処分は本年度7件目。昨年度は1件で、激増している。

 市によると、男性主任は8~9月、以前同じ職場だった30代の女性職員に対し、連絡を拒絶されていたのにもかかわらず、電話やLINE(ライン)などで計202回面会を求めるなどした。さらに、フェイスブック上でこの女性職員になりすまして職場の悪口などを計32回投稿したほか、女性職員を誹謗(ひぼう)中傷する内容のメールを市に5回送ったという。

 市に対して9月8日、第三者から「市職員がネットに悪口を書いている」などと通報があり発覚した。女性職員から相談を受けた大津署は10月、ストーカー規制法に基づき、口頭と文書で男性主任を警告した。男性主任は「女性職員から返信がなく、一時的な感情でやってしまい、申し訳ない」と話したという。

 越直美市長は「市民におわびする。公務員としての法令順守を徹底する」とコメントした。