近江八幡署

近江八幡署

 滋賀県近江八幡市北之庄町のヴォーリズ記念病院は11日、院内で保管していた入院患者3人分の睡眠薬など5種類282錠を紛失した、と発表した。
 紛失したのは、患者が他の医療機関で処方され持ち込んだ睡眠薬4種計108錠と便秘薬1種計174錠。管理する薬剤師が11月25日に2人分の紛失に気付き、今月3日にさらに1人分がなくなっていた。普段は関係者以外が入ることができない薬剤調整室で、施錠していない箱に入れて保管していたという。
 同病院は10日、滋賀県警近江八幡署に被害届を出した。
 五月女隆男病院長は「不祥事を起こし、申し訳ない。再発防止に向け、体制強化に努めたい」としている。