甲賀署

甲賀署

 滋賀県警甲賀署は11日、同居女性の長男の小学6年男児(12)を蹴り、骨折させたとして傷害の疑いで甲賀市、会社員の男(46)を逮捕した。


 逮捕容疑は11月22日午後8時ごろ、自宅で同居する男児の左腕などを数回蹴り、左手首付近の骨を折る重傷を負わせた疑い。
 同署によると、同容疑者は蹴ったことを認めている。2人の子どもがいる女性と4人で暮らし、事件当時は容疑者と男児の2人だけが家にいた。
 3日後の同25日に男児が小学校で「一緒に暮らしているおじさんに蹴られ、腕が痛い」と訴え、受診して骨折が判明した。小学校が県中央子ども家庭相談センターと市に連絡した。
 同センターによると、男や男児に関する相談や通報はこれまでなかったという。同センターは同日、男児を保護し、甲賀署に通報した。