<旬の献立を探しに 小平泰子>

 野菜の水気を引き出しながら弱火で加熱し、その汁の熱気と蒸気で鶏肉に火を通します。必ずフライパンを使い、ふたはせずに加熱してくださいね。


【材料】(作りやすい分量)

鶏モモ肉(大きめのもの)    1枚(450グラムほど)
塩適量、オリーブオイル    大さじ2
白菜    1/4株
白ネギ    2本
エリンギ    1個
にんにく    1かけ
黒こしょう    適量


【作り方】

(1)鶏肉に塩を多めに振り、10分ほど置く。白菜は2センチ角ほどの大きさに切る。白ネギは1.5センチの輪切りにする。にんにくは芽を取り、薄切りにする。
(2)テフロン加工のフライパンにオリーブオイルをひいて熱し、鶏肉の皮を下にして、カリカリになるまで焼く。ひっくり返して30秒ほど軽く焼き、いったんバットに移す。
(3)空いたフライパン(油はそのままで)に白菜、白ネギ、エリンギ、にんにくを入れてざっと炒め、油が絡んだら平らにならし、(2)の皮を上にして置き、中火に近い弱火で20分じっくり時間をかけながら焼く。
(4)火が通ったら皿に野菜を盛り付け、鶏肉を一口大に切りわけて野菜の上に並べ、汁をかけ、黒こしょうを振る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan