<旬の献立を探しに 小平泰子>

 ソースに火が通り過ぎるとボソボソに、煮詰めが悪いとパスタに絡みません。余熱で火が通ることを計算に入れ好みの濃さの少し手前で火を止めて。


【材料】(2人分)

カキ    6個
ホウレン草    1把
にんにく    1かけ
オリーブオイル    大さじ2
スパゲティ    160グラム
A=生クリーム100cc、卵黄2個分、粉チーズ大さじ3、塩小さじ1/3、黒こしょう適量
黒こしょう    適量


【作り方】

(1)カキは流水で洗い、水気を切る。ホウレン草は熱湯でサッとゆで、水にさらしてギュッと絞り、1センチの長さに切る。にんにくは芽を取り、薄切りにする。
(2)ボウルにAを入れてよく混ぜる。
(3)たっぷりの熱湯に塩(分量外)を入れ、スパゲティを表示通りゆでる。
(4)ゆでている間にソースを作る。フライパンにオリーブオイルをひいて熱し、にんにくの香りが立つまで炒める。カキを入れ、ふっくらするまで両面を焼き、ゆで汁を大さじ2(分量外)入れて軽く煮たら、火を弱めて、ゆで上がったスパゲティ、ホウレン草、(2)を入れる。手早く混ぜてとろりとしたらすぐに皿に盛り、仕上げに黒こしょうを振る。


◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、和食にとらわれず、食材の組み合わせの面白さを提案したレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。近著に「季節の野菜と果物でかんたんおつまみ」がある。インスタグラムはyasukokohiragokan