「今年の漢字」の発表を控えた清水寺(12日午後0時半、京都市東山区)

「今年の漢字」の発表を控えた清水寺(12日午後0時半、京都市東山区)

 一年の世相を表す「今年の漢字」が12日午後2時、京都市東山区の清水寺で発表される。

 公益財団法人「日本漢字能力検定協会」(同区)が毎年募集し、漢字の日に当たる12月12日に同寺の森清範貫主が奥の院の舞台で大型和紙に揮毫(きごう)している。

 昨年は西日本豪雨など自然災害の多発などを反映し、「災」が選ばれた。