出荷が始まった特産の坊ちゃんカボチャ(滋賀県豊郷町石畑)

出荷が始まった特産の坊ちゃんカボチャ(滋賀県豊郷町石畑)

 滋賀県豊郷町特産の坊ちゃんカボチャの収穫が最盛期を迎えている。農家が茂った葉をかき分けて手のひらサイズの実を取り入れている。

 直径12~13センチと小ぶりで、強い甘みが特徴。とよさと特産物振興協議会が2012年に「とよ坊かぼちゃん」と名付けてブランド化。19戸が栽培している。

 同町吉田の農事組合法人「楽農ファーム吉田」の畑では、職員らが葉に覆われた実をハサミで茎から切り離して収穫している。今年は雨続きだったが、作柄への影響は少ないといい、法人理事の三木英治さん(72)は「糖度が高く仕上がった。甘さやかわいい見た目を生かした調理法で楽しんでもらいたい」と話した。

 8月中旬ごろまでに町内で約2トンの収穫を見込む。関西圏のスーパーで販売しており、大玉で200円ほど。問い合わせは町産業振興課へ。