滋賀県の外郭団体・県土地開発公社は31日、土地の境界確定に必要な文書約10枚を紛失した、と発表した。外部への流出は確認されていないという。

 びわこ文化公園都市(大津市)内の公社所有地に絡む協議書で、関係する民有地の所有者名や住所に加え、印鑑登録証明書なども含まれていた。当該地の境界が確定していないことが先月11日に判明し、一昨年に作成した協議書の紛失に気づき、関係者に謝罪した。誤って処分した可能性が高いという。