三洋化成工業が販売する化粧品を手にする石姉妹(京都市東山区・三洋化成工業)

三洋化成工業が販売する化粧品を手にする石姉妹(京都市東山区・三洋化成工業)

 三洋化成工業は12日、自社開発の化粧品ブランド「シェリアージュ」を立ち上げ、来春から中国で試験販売を始めると発表した。同社がスポンサー契約を結ぶ中国人プロゴルファー姉妹の石昱婷(セキユウティン)、昱莉(ユウリ)両選手を、製品の助言やPRをするブランドアンバサダーに起用。中国の富裕層をターゲットに化粧品事業に参入する。


 三洋化成は、初の消費者向け商品となる化粧品プロジェクトを昨年5月にスタートし、原料開発に取り組んできた。日本の化粧品に関心が高い中国市場に進出先を絞り、ブランドの確立を目指す。
 商品は、洗顔フォームやメーク後に使う化粧水「バリアミスト」、口紅、アイライナーの4品目。口紅、アイライナーは石姉妹の希望で各2色を作った。活動的な女性の肌を守り、内にある強さを引き出す高級コスメを目指し、美容添加剤にこだわった。
 ブランドは、姉妹の好きな桜(チェリー)などから名付けた。同日に東山区の本社で開いた発表会で、石昱婷選手は「雨天や夏の暑い日、風の強い日でも自信を持てる」とPRした。
 価格帯は2500円~5千円。インターネットサイトで販売する。化粧品受託生産大手の日本コルマー(大阪市)が生産する。今後3年をめどに化粧品で数億円、原料で50億~60億円の売り上げを目指す。