サッカーJ2の第25節は31日、石川県西部緑地公園陸上競技場ほかで11試合を行い、京都サンガFCは試合終了間際のゴールで金沢と1―1で引き分けた。連勝は4でストップ。勝ち点47となり、前節の首位から2位に後退した。岡山に4―0で完勝した柏が、勝ち点49として今季初めて首位に立った。

 サンガは後半17分にPKを与えたが、GK加藤がシュートを防いだ。36分にサイドを崩されて先制を許したものの、ロスタイムに小屋松が同点ゴールを決めた。

 水戸は甲府と引き分けて同44とした。横浜FCは山口に4―1で快勝して6位に浮上。J1磐田から加わった中村が途中出場した。