陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市)

陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市)

 陸上自衛隊大久保駐屯地(京都府宇治市)は13日、駐屯地内で同僚隊員の金を盗んだとして、第4施設団の10代の男性陸士を免職の懲戒処分にした。

 同駐屯地によると、男性陸士は2月1日、同僚隊員の不在時に私物保管箱の鍵を開け、現金4万7千円を盗んだ。男性陸士は書類送検されたが、被害者と示談が成立し、不起訴になったという。

 このほか、飲食で外出し規定の時刻までに帰隊しなかった第4施設団の20代の男性3等陸曹、訓練中のミスで小銃を損壊させた第7施設群の30代の男性3等陸曹、指導中の部下に右脚を蹴る暴行を加えた第4施設団の30代の男性3等陸曹の3人を13日付で、いずれも戒告の懲戒処分にした。