進化の過程で脊椎動物が大脳を獲得するのに役割を果たした遺伝子の機能を見つけたと、京都大のグループが発表した。高度な情報処理を行う大脳ができてきた進化の過程を考える上で貴重な発見という。国際科学誌ネイチャー・コミュニケーションズにこのほど掲載された。


 脊椎動物が受精卵から個体になる過程で、大脳は終脳と言われる部位からできることが分かっている。終脳は脊椎動物にしか存在しないが、進化の過程でどのようにして獲得されたのかは分かっていない。
 理学研究科の佐藤ゆたか准教授と大学院生の劉柏岐(ぼち)さんらは、脊椎動物で終脳が獲得されたプロセスを解明するため、脊椎動物に最も近い無脊椎動物のホヤが個体になる過程を解析。その結果、脊椎動物で終脳形成に必要な遺伝子がホヤでも働いていることを見つけた。一方で、脊椎動物ではこの遺伝子が制御する別の遺伝子「Fgf」はホヤの脳形成には関わっていなかった。
 こうした事実は進化の過程でFgf遺伝子が脳において生じたことが、大脳獲得につながった可能性を示唆するという。
 佐藤准教授は「ホヤにも大脳形成に必要な遺伝子の一部があった。脊椎動物とホヤの共通祖先にも同様の遺伝子が元々あり、そこから新たな脳形成の仕組みができて脊椎動物に進化したのだろう」と話す。