息の合った音楽を披露する宇治中吹奏楽部(宇治市折居台・市文化センター)

息の合った音楽を披露する宇治中吹奏楽部(宇治市折居台・市文化センター)

 京都アニメーション(京アニ)の作品で、京都府宇治市が舞台のアニメ「響け! ユーフォニアム」をテーマにした「クリスマスコンサート~『響け!ユーフォニアム』の舞台より」が15日、同市折居台の市文化センターで開かれた。


 市や京阪ホールディングスなどが初めて開いた。7月の京アニ第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件を受け、チャリティーコンサートとして企画。前売り券は即日完売し、約1200人が訪れた。
 コンサートには、「響け!―」のファンでつくる「北宇治高校OB吹奏楽団」や、地元の宇治中吹奏楽部、大阪桐蔭高吹奏楽部など6団体が出演した。
 北宇治高OBは、アニメ版「響け―!」のオープニング主題歌を含む3曲を披露。宇治中はヒット曲「パプリカ」などを奏で、会場から手拍子が送られた。各団体が披露した後、京都橘高など4校が「響け!―」に関連する曲を合同で演奏した。
 コンサートの収益は、同アニメ製作委員会の意向を受け、日本赤十字社を通じて全国の自然災害の被災地に寄付する。