同志社大-筑波大 前半、懸命にタックルする同志社大(花園)

同志社大-筑波大 前半、懸命にタックルする同志社大(花園)

 ラグビーの全国大学選手権は15日、熊谷ラグビー場などで3回戦4試合が行われた。京産大(関西4位)は19―24で日大(関東リーグ戦2位)に競り負けた。同志社大(関西2位)は17―48で筑波大(関東対抗戦3位、4位枠)に敗れ、3季ぶりの初戦突破を逃した。


 京産大は前半1分にWTB堀田(2年、京都成章)のトライで先制したが、日大の外国人留学生に2連続トライを許して逆転された。終盤にFWの突破を起点に5点差まで追い上げたものの、あと一歩届かなかった。
 同志社大は5―17の後半11分、ゴール前のFWの連続攻撃からナンバー8服部(4年、東福岡)がトライを挙げたが、その後に5連続トライを奪われ突き放された。