しあわせクッキーを手にする瀬戸内寂聴さん

しあわせクッキーを手にする瀬戸内寂聴さん

 作家の瀬戸内寂聴さん(96)が26日、秘書の瀬尾まなほさん(30)と共同プロデュースした菓子「しあわせクッキー」を発表した。人生や恋愛に関する瀬戸内さんの言葉が包装にちりばめられている。

 「うなぎパイ」で知られる静岡県の菓子店「春華堂」が製造販売する。瀬尾さんが「若い人に本とは違う形で瀬戸内の言葉を届けたい」と同店に提案した。

 本を模したデザインの箱を手に、瀬戸内さんは「暗い世の中だけれど明るい気持ちで笑い、幸せに過ごしてほしい」と話す。発売は来年2月1日で、同店ホームページで予約を受け付け中。