今年も届いた贈り主不明の「善意の米」(日野町役場)

今年も届いた贈り主不明の「善意の米」(日野町役場)

 滋賀県の日野町役場に16日、匿名の差出人から米90キロが届いた。43年目になる恒例の贈り物で、町は「善意の気持ちに感謝したい」としている。


 この日の午前8時ごろ、出勤した職員が町役場の正面玄関前に30キロ入りの米袋三つが置いてあるのを見つけた。米袋に差出人などの記載はなかった。町によると、1977年から12月中旬に毎年届き、数年前までは「福祉に役立ててください」というメッセージが添えられていたという。町福祉保健課の池内潔課長は「町内のみなさんにも温かな気持ちが広がると思う」と話した。
 米袋は、藤澤直広町長名で感謝を記した張り紙を添えて、町役場で25日ごろまで展示する。年内に町社会福祉協議会が町内の福祉施設に寄付する。