新聞輪転機メーカーの東京機械製作所は22日、東京都内で臨時株主総会を開き、大株主で投資会社のアジア開発キャピタルグループに対する買収防衛策の発動が賛成多数で可決された。