京都中央信用金庫(理事長 白波瀬 誠)は、この度京都市伏見区久我地区の地元企業のみなさまの「つながり」を目的に、当金庫久我支店が中心となり、「第一回地元交流会」を開催致しました。この取組みはポストコロナ、ウィズコロナの時代に地元の若手経営者等を応援するもので、第一部は「顧客の本業支援・地域活性化について」と題し当金庫の顧客の本業支援メニュー、京都市の産業や観光の現状を地域創生部が講演。第二部は当金庫久我支店が取組むSDGsや環境問題への対応等を披露。参加された地元経営者の皆さまと一緒にSDGsについてディスカッションする場を設けました。

 参加された地元経営者の皆さま相互の熱心な議論、質疑が行われ、貴重な交流の場となりました。当金庫は、今後も地域金融機関として地域経済発展に貢献すべく、金融サービスの提供と併せて、地域活性化を積極的に進めてまいります。

プレスリリース(PDF)はこちら