京都中央信用金庫(理事長 白波瀬 誠)では12月2日・3日の2日間、地域の食品企業と小売業の問題解決を目指すフードストアのための展示会「フードストア ソリューションズ フェア2021」に、今年も金融機関として唯一、出展いたします。

 この催しは、「日本食糧新聞社関西支社」主催、「一般社団法人 離島振興地方創生協会」共催、大手スーパー 18 社で構成する「フードストア ソリューションズ フェア運営委員会」副主催で実施されます。

 安心・安全な高付加価値商品が求められる地域の実情に即した展示商談会で、特に西日本に販路を求めるお客さまにビジネスチャンスを提供するものです。

 今回、当金庫の取引先22 社が、京都中央信用金庫の専用エリアにおいて出展されますのでお知らせいたします。

 マーケティング・ブランディングの専門家と金庫が一緒に、お客さまの優良・有望な商品をブラッシュアップしていく『京のごちそうブランド創生プロジェクト』に参加の 6 社も出展されます。

 当金庫は、今後もコロナ禍の厳しい環境にある地域企業への積極的な支援を通じ、地域経済の活性化に努めてまいります。

プレスリリース(PDF)はこちら