日銀の黒田東彦総裁は18日、金融政策決定会合後の記者会見で、2023年度でも消費者物価の前年度比の上昇率の見通しは1・1%にとどまるため、「利上げや、緩和的な金融政策を変更することは全く考えていない」と強調した。