日銀の黒田総裁は、新型コロナウイルス感染拡大による世界的な部品不足などを背景に物価が押し上げられても、「(日銀が目標とする)2%に近づく可能性は極めて薄い」との見方を示した。