日本郵便は21日、郵便局長らの不適切な政治活動に関する追加の調査結果を公表し、104人の局長が計1318人分の顧客情報を業務外の政治活動に流用していたことを明らかにした。