海沿いの絶景を眺めながら堪能できる「スイーツお楽しみコース」

海沿いの絶景を眺めながら堪能できる「スイーツお楽しみコース」

地酒や地ワインを楽しめる「地酒飲み比べコース」

地酒や地ワインを楽しめる「地酒飲み比べコース」

 京都丹後鉄道は今春から、車窓を眺めながら北近畿の食材を使った料理を楽しめるレストラン列車「丹後くろまつ号」のメニューを一新した。地酒の飲み比べや自分好みのどら焼きを作ることができる新たなコースで旅人をもてなす。

 「海の幸堪能コース」(1万3千円、天橋立―西舞鶴)は地魚のソテーやお造り、京丹後市の間人産ワカメや、オイルサーディンなど海の京都ならではの豊かな海産物を料理に取り入れた。奈具海岸(京都府宮津市)沿いで15分間停車し、雄大な日本海を望みながら懐石を味わえる。

 「地酒飲み比べコース」(4800円、西舞鶴―天橋立)は3種類の地酒か、「天橋立ワイン」(赤・白)が選べ、地元食材を使った料理とのマリアージュ(組み合わせ)を堪能できる。また、「スイーツお楽しみコース」(同)は、丹波栗や黒豆、京丹後産の果物をトッピングした自分だけのミニどら焼きを作って楽しめる。

 このほか、福知山駅を午前10時20分に出発する「スペシャルモーニングコース」(6800円、天橋立着)はローストビーフサンドなどを提供する。

 9月末まで金土日曜と祝日に運行する。駅窓口や同鉄道ホームページから予約できる。